【憤り】現金しか使えない店は馬鹿!

どうもキヨシロー(@RevoKiyo)です。私は怒っています。非常に憤っています。

先日、可愛がってるキッズダンサーたちが、「お腹が空いた、空いた!」とぼやくので、「飯でも行くか?」と聞くと、元気良く「行くー!!」と答えた。

ご飯を連れて行くにも、親御さんが家で夕食の準備をしていては、ご迷惑になるので、ちゃんと許可を取ってからねーと子供たちに伝え、子供たちは、お母さんに電話。

そして無事に許可は取れたみたいだ。

何が食べたいと聞くと、「焼肉ー!」と元気よく返答が返ってきた。

中学男子もキャバ嬢も「何が食べたい?」と聞くと、相場は「焼肉ー!」とだいたい返ってくるだろう。

家が駅から離れていることもあり、子供たちを駅に送っている車中でのやり取りである。

道中のフラッと見かけた、焼肉屋さんに入った。そんなに高そうではない店である。

店に入るなり、メニューを見て俺が適当に頼み、子供たちにも「食べたいものは無い?」と聞いていろいろ頼んだ。

肉が出てきて、焼いて食べる。子供たちは「美味しい~」とむしゃむしゃ食べている。

正直、そこまで美味しいとは私は思わなかったが、”肉”というだけで、この年頃の子たちは、美味しいのだ。

なんと可愛い素直な子たちなんだ。そのまま育ってほしい。

そしてキャバ嬢たちにも見習ってほしい。

 

・身体のサイズと食べる量は比例しない

私の仕事は、会社のマネジメント業務である。

どういう状況で、今後の予測をして適切な行動を取るのも重要な仕事である。

そんな私が、誤った判断をしてしまった。

『俺の体重の半分以下だから、食う量も半分ぐらいだろう。』

男子中学生の食べる量を甘く見ていた。

ライス中からのライス大盛りをアゲインするほどである。

死ぬほど、食べてもらっていいのだ。いつもの俺ならそう思うのだが、、、

 

・クレカ使えますよね?

まあ食べて食べて、食べまくっている中盤戦。念のために、保険をかけておこうと聞いてみた。

キヨシロー「すいません~!クレカって使えますよね?」

店員「現金しかやってないんですよ~」

キヨシロー「・・・わかりました。」

むかつく。まあフラッと確認せずに入ったのも悪いのだが。。。悪いか?有り得ない、このキャッシュレス推進しまくってる時代に。

まあ今日は、財布を持ってきていて、良かった。普段、お出かけでもない限り、財布はあまり持たない。

スマホのカード入れにクレカ1枚と3000円の現金だけ入れて、【Pay Pay,楽天Pay,Line Pay】を使い分けながら普段生活をしている。

今日は財布を持っていて良かった。財布開けると、7000円だけ中に入っている。

(おい7000円しかない!おそらくこいつらに、腹いっぱい食わせたら間違いなく、オーバーする。いやもう既に、超えてるか?もうそろそろ注文せんといてくれる?なんてかっこ悪いこと言えるはずがない。いや正直に言うか?)

自分の心の声が、飛び交いまくった。

出した私の答えは、、、

スマホで近くのコンビニをしれーっと調べ、電話を出るフリでもしてATMにお金をおろしに行った。

現金を手にして、安心して腹いっぱいなるぐらい食べろ!とカッコつけて言えたわけなのですが、このご時世に、現金しか使えない店なんて、終わっている。

 

・手数料が引かれるから、導入しないは馬鹿!

2019年、もう年を明ければ2020年。このご時世に、現金しか使えない焼肉屋があるとは、、、ほんまイライラする。次の日までイライラする。

ブログに書き殴らないと、治まらない。

まずオーナーに聞きたいのが、「なぜキャッシュレス決済導入しないのですか?」と聞くと、手数料が引かれるからと答えるだろう。

馬鹿な回答の一つである。”アホ”には愛があるが、アホは使ってあげない、これは馬鹿である。

俺は、今回かっこつけたいために、現金を下ろしに行ったが、普通なら、手持ちの現金で抑えようとするだろう。

現金しか使えないということで、外国の観光客も逃しているだろうし、現金しか使えないということで、支払いの金額を抑えようと心理的にも働く。

 

手数料以上の、機会損失があることを全く理解していない。

 

ぜひ、飲食店や私たちが良く行く音楽が流れるクラブでもキャッシュレス決済を導入していただきたい。

(小銭無いわ。もう時間やし、飲まんと出よかー)となってしまうわけです。

まあ二度と、この焼肉屋に行くことは無いですが、ぜひオーナーには考えてほしいものです。

かわいい未来あるキッズダンサーの子供たちや可愛いギャルでも、ノンストレスでなにも考えず一緒に食べたいだけなんだよ。決済ごときで邪魔するなよと思います。

こころの叫びでした。

Forward

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA