子供がたくさんのパーティでの選曲で思うこと

どうもKIYOSHIROです。最近のよく迷うことを書きたいと思います。
肉フェスVERBNATION MONDAYなどの昼間の子供達が来れるイベントの出演が続き、とても選曲でなにをかけようかと考えます。

特にここでも少し書いたタクブロ等の有料会員ブログで歌詞を理解すればするほど、自分のDJ PLAY前に「これはかけたらダメかぁ~!」って心情になり省いてしまいます。

ただこの前のVERBNATION MONDAYはいつも盛り上がる鉄板のダンスチューン等(2000年代のエレファントマンやボイスメール)はかけずに、敢えて普段通りの夜中のイベントでかかるような選曲をかけてみた。3時間のイベントでDJが私一人ということもあり、どうしてもかけたかったのが最新の曲ということもある。時間があれば上記のようなダンスチューンもかけたと思いますが。

ただ歌詞もバッドワードなどを抜いてある、【クリーンバージョン】でプレイしました。
(クリーンバージョンとは、汚い言葉などを省いた、ラジオなどでもかけれる様に施したもの)

当日感じた印象としては、子供達はダンサーたちを目指して、常に大人のダンサーやジャマイカのダンサーのSNSやショーケースなどを見ているということもあり、私達がかっこいいと心躍る曲が子供達も好きなんだと感じ、子供達は大人顔負けに踊っていました。

 

もし私が料理店のシェフで、お客様が遊びに来てくれた皆さんだとして、子供達はレストランに行った場合、お子様ランチを本当に欲しがっているのか?本当は大人と同じ料理を食べたいのでは無いか?

また日々修行している、美味しい料理を作るシェフは、相手が子供とて100パーセントの料理を提供したいのでは無いのか?と考えます。

ただ本当に凄いシェフは、自分の100パーセントを詰め込んだお子様ランチを作って、提供するんだろうなぁ。

修行します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA