エロはいきすぎるとおもしろい

どうもキヨシロー(@RevoKiyo)です。突然ですが、ダンスホールのどういう部分が好きですか?

人間の欲望が詰まり、包み隠さず表現されている”ダンスホール”が好きです。①お金 ②暴力 ③性 この3種の欲の中でも、忘れてはいけないのが”性” の部分。

下品なお笑い。全世界共通の下ネタです。その部分にフォーカスを当ててみたら超おもしろかった。

 

・スラックネスナイト

前回のアカマルはバレンタ”淫”ナイトということで、スラックネスナイトということでMOYA-Cくんをさっそく呼びました。この記事でも紹介している通り、ストレートな下ネタ。ただ下ネタで片付けられない、芸術的な変態でした。

ここまでいくと、エロを感じさせないアートですね。

そしてちゃむもやしのユニットを組んでの、初お披露目でございました。二人でも何曲かリリースしており、要チェックな、お二人です。

広島が生んだ、スラックネスモンスターの我らが、モーリマン。モーリマンのファンは多いので、みんな食い入るようにLIVEに釘付けで、一緒に歌えるぐらい曲を知っています。

ニューチューンどんどん出して欲しいなぁとずっと思ってるんですが、歌ってほしいオケがあったら送ってみよう。

CHAMの登場。このアカマルから、CHAM SLIMに改名しました。そして出番の順番的に非常に申し訳ないことをしてしまった。①モーリマン→②CHAM SLIM→③MOYA-Cという順番で、モーリマンが最初から最後まで、下ネタDJでかき回した後で、空気を作るのたぶん大変だっただろうと思う。

ただギャルの心を掴んで、前にはギャルが集まりしっかり聴いていました。

 

・淫と陰と陽

先ほどは“淫”をご紹介いたしました。今から紹介するのは陰と陽、正反対なダンサー。

是非パフォーマンスして欲しいと関東からダンサーも一緒に呼びました。CAT FUCKクイーンに輝いた、Ohtaちゃん。

わたしも、何度かCAT FUCKを見ておりますが、チーム出場可能の中でソロのダンサーが勝ちあがるのは、本当に難しいと思います。

彼女は、フロアで踊ってても常に元気で明るい。スキルももちろんなんですが、皆から人柄も良いし、応援されるだろうなって分かります。正直そういう部分も、CAT FUCKで勝てた要因なんだろうなと。

まあOhtaちゃんが居れば、フロアが明るくなりますね。

彼女のファンは多いはず、私もその一人です。SIZZKAさん。

 


アカマルイベントの前に、こんなツイートをしました。多数のイイネやリツイートで共感いただきました。

やっぱり皆、好きなんだなぁと。全国にはSNSであまり発信してなくともショーを見ただけで、このダンサーヤベー!ってなってダンサーが観に来るんですから。

ショーも暗いというか、黒いというかこの流れでいくと”陰”と表現すべきでしょうか、独特の空気感で、かっこいいんですよね。出そうと思って、出せるものじゃないし特殊能力です。

ZIP IT UPをかっこよく踊るナンバ-1のダンサーです。もちろんフロアでも踊っていただきましたよ。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

最後まで、スライドさせてシャカとマミリオン劇場までお楽しみください。

全写真はFBに公開しておりますので、保存してSNSにどんどんあげてくださいね。

Club Garden Bar OSAKAさんの投稿 2019年2月13日水曜日

次回の、アカマルはコチラ。

一度観て、衝撃を受けたアーティストです。是非皆さんにも観ていただきたいとおもいます。よろしくおねがいします。

2/12 RED CIRCLE

 

Forward


関連リンク

祝・2周年とアカマルの楽しみ方

アカマルのショーでダンサー達が踊ってた曲&裏話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA