夜な夜なクラブへ出かける方に朗報

どうもKIYOSHIROです。最近早起きし、ブログ更新やいろんな新曲をチェックしから出勤することにはまっています。

それはさておき、私達【夜遊びしまくる方】にとって良い研究結果が記事にされてたのでその記事を書こうと思います。

簡単に、自分なりにまとめて見ました。

元ソースのライフハッカーさんの記事がこちら。

「早寝早起き」に囚われるな。「国民総寝不足」の日本人が知るべき睡眠研究からわかった事実 ─「10年後の睡眠」を考える(1)

 

・早寝早起きしなくてもいいってよ。

 

※いつもの私の様子です。

 

常日頃より、クラブに夜遊びに行ったり出演などの仕事をして、ほとんど寝ずに日勤の仕事に行ってる方に関心して(すごいなぁ~)と思っています。

私は絶対に6時間~7時間寝ないと、仕事に行きません。睡眠時間がこの時間を切ってしまうと仕事でまず良いパフォーマンスを発揮できないので。

出演などで朝帰りした場合は、絶対に昼から仕事に行きます。(そんなことを許してくれてる、会社に感謝)

起きた瞬間から一日のスタートにするのではなく、寝る瞬間を一日のスタートと考えるようにしています。

では、今まで当たり前とされていた、

①早寝早起きは体に良い

②日が沈んでる頃に寝ているほうが、体の成長に良い

などの定説は皆さんも聞いたこともあると思います。

諸説あると思いますが、昭和の頃に作られた定説がいろいろ変わろうとしています。

 

・夜型朝型の人が居る。

遺伝子レベルで夜行動するほうが向いてる人、朝起きて行動するほうが向いてる人が居るらしく、年齢などによって違うらしい。

そして肝心なのは、6-8時間は絶対に寝ないといけない。

睡眠時間が6時間以下で良い人は、ほとんど居ないといって良いとのこと。ショートスリーパーを自慢する人は、ただ無理をしている人ってことです。

 

そして自分が夜型か朝型か確認する簡単な方法がありますよ。信用できる世界標準のテストらしいです。

朝型夜型テスト

ちなみに自分ががやってみたら【夜型】でした。自分の結果はコチラ ↓

 

つい一週間前アメリカ人の親戚が日本に来て、街中で居眠りしてるサラリーマンを見て、日本人は働きすぎて外でも寝るのね。と驚いてました。

【睡眠負債】という言葉があるらしく、「早く起きて活動する平日」と「早く起きなくてもよい休日」の睡眠時間の差が2時間を超えたら危ないらしい。

ちなみに自分では、仕事がある平日でも休日でも寝る時間を6-7時間と決めてます。そうすると体も楽だし、寝起きも特に辛くないですよ。

睡眠の大切さを痛感しました。寝ずに働いてる人には感心しますが、しっかり睡眠できる位置になるか、転職を勧めます。

ただ今回わかったのは、別に寝る時間帯は人それぞれで良く、働く時間も人それぞれで良いという事。日が昇ってから寝るのは別に健康悪ではないのだ。嬉しい貴重な情報。

アホみたいに、全員同じ時間に電車に乗り込み満員を作らなくてもいいってこと。そして睡眠は連続して6時間以上寝る必要があるということです。

身体第一で健康に元気に暮らしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA