ウィリウィリ5つの楽しみ方

どうもキヨシロー(@RevoKiyo)です。これが記念すべき、101記事目です。(100記事目で言いたかった)

このブログ完全に私の視点で、大好きなダンスホールのこと、私の処世術や何事も考えすぎる性格のため、書きたくなることを殴り書きしています。

本当はアーティストみたく、音楽のことばかりをこのホームページには書いて、もうひとつブログを開設しそちらでは音楽以外のことを書こうと思ってたんですが、やはり【TIMERS SOUNDのキヨシロー】としての方がPV数も稼げるため、人格もブログもひとつにまとめています。

まあ包み隠さず、私という人物が表現されれば良いかなぁと思っているので、これはこれで良しとしています。

けっこうパーティに行ったら、面識のない方もブログ読んでますよと声をかけてくれる方も居たりして嬉しい限りです。

それでは、本題へ。

ウィリウィリ5つの楽しみ方

と題しまして、神戸ジャムドンにて偶数月の第2土曜日に開催される【Willie Willie Weekend】の楽しみ方を余すことなくお伝えします。みなさんウィリウィリどういうイメージですか?

リンカーンの格言ではありませんが、『ダンサーの・ダンサーによる・ダンサーのためのパーティ』とお思いの方も多いんじゃないでしょうか?正直1~2年前までそうだったかもしれません。

ただダンサーじゃない方も楽しめる内容となってますし、もちろん踊るのが大好きな方も楽しめます。ただ最近は『ダンサーが羽目を外すパーティ』感は否めませんが、まあ楽しけりゃ何でもいいよね。(笑)

 

①ショーケースを一夜にたくさん見れる

スライドショーには JavaScript が必要です。

ウィリウィリでは毎回ダンサーを10組程度ブッキングしてショーをしてもらっています。しかも、全国から一気に神戸ジャムドンに集まります。北海道から沖縄、各地方の全国のダンサーをブッキングしてます。フレッシュなダンサーから、ベテランダンサーが一気に楽しめる。

こんなにたくさんのダンサーのショーを毎回観れるのはウィリウィリだけじゃないでしょうか。毎回1:30には1部のダンサーショーがスタートして、サウンドタイムを挟み2:20頃より2部のダンサーショーが始まります。

せっかくなので、1:30までには遊びに来て、ダンサーのショーケースも観てくださいね。

 

②ジャムドン名物!!ジャマイカンフードを味わう。

ジャムドンに来たなら、必ずジャムドン名物ジャマイカンフードは食べましょう。お腹を空かせて、到着してすぐ食べても良し。私はこのパターンです。

ダンス終わりにお持ち帰りしてる人も居ますので、売り切れ前に置いといてもらう作戦でいきましょう。

定番をいつも食べるんですが、ジャークチキンが美味しいですよ。日替わりで、いろんなメニューがありますので是非色々食べてみてください。

 

③豊富な種類の”ラム”を飲もう

お酒の種類も豊富で、特にジャマイカといえば”ラム”ですよね。そのラムが豊富にジャムドンにはあります。ラムコークが好きな人や、ラムを味わいたい人はロックやストレートでも。

こんなラムも運がよければ、あるかも。お酒を呑みながら、ゆっくり後ろのほうでダンスホールの雰囲気を楽しみながらお喋りってのも立派なクラブでの遊び方ですよね。

 

④フロアで踊って楽しむ

ウィリウィリと言えば、踊るのが好きな人やダンサーが多く集まります。もちろんバッドな曲や、激しいギャルチューンから女の子がワイニーする時間。もちろんエヴィバディダンスも絶対にかかります。

そこは主催者とサウンド同士が密に話し合いながら、「この辺が少なかったので、この辺をかけよう」とあーだこーだ言いながらやってますので、絶対に踊るのが大好きな人は全員楽しめますよ。

ダンサーがバチバチ戦う時間もありますし、ギャルが大暴れする時間もある。男女がワイニーして、踊り好きなお客さんたちが、ダンサーの後ろで真似して踊る。全員で踊るときは、全員で同じダンスをする。

バランスは本当に良いと思います。普段踊らないけど、簡単なダンスを踊ってみたらおもしろいかもしれませんで是非踊りましょう。難しいことは考えず、遊びに来た人は適当に遊べばいいんですよ~。

 

⑤酒バイブス全開で飲み散らかす。

スライドショーには JavaScript が必要です。

最近のウィリウィリは、酒バイブスが強めです。酔ったら、こんなんなるん?っていう一面を見せる人がたくさん居ます。(笑)③のラムをゆっくり楽しむとかでは無く、テキーラが回ってきたり、シャンパンをみんなで飲みます!

純粋なパーティの楽しみ方ですよね。お酒を呑んでワイワイ騒ぎたい人も是非。これらが5つのウィリウィリの楽しみ方です。踊って楽しむだけじゃなく、いろんな楽しみ方がありますよ。

まあ各々来てくれた人が、楽しみ方を見つけて来てくださいね。サウンドの選曲も毎回ゲストを呼んで、面白いからなぁ。次回はこんな感じです。是非。

Forward

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA