【現代版エンゲルの法則?】貧乏人ほど携帯代が高い

どうもキヨシロー(@RevoKiyo)です。エンゲル係数という言葉をご存知ですか?

Wikipediaで調べると以下のように載ってます。


エンゲル係数(エンゲルけいすう、英語:Engel’s coefficient、ドイツ語:Engelsches Gesetz)とは、1世帯ごとの家計の消費支出に占める飲食費の割合(パーセント単位)のことである[1][2]

ドイツの社会統計学者エルンスト・エンゲルが1857年の論文で発表した[1]

概要

一般に、”エンゲル係数の値が高いほど生活水準は低い”とされる。これは、食費(食糧・水など)は生命維持の関係から(嗜好品に比べて)極端な節約が困難とされるためであり、これをエンゲルの法則という[1][2]

概ね経済成長に伴い生活水準が向上していくため、エンゲル係数は経済成長に伴い低下していくものとされる[3]


1857年の論文発表ですから、現代にそのまま当てはめるのは難しいかもしれませんが、収入の中で、消費するお金の中で飲食費のの割合が高ければ高いほど、生活水準が低いというものです。

この論文が発表された時代は、今のように外食などの施設は少なかったと考えられるし、節約などが難しい飲食費の割合が高ければ、貧乏だ!ということです。

いまの時代は、飲食費でもスーパーによる価格の差や、外食を控えて自炊するなど節約ができます。

163年も前に唱えられた、このエンゲルの法則ですが、現代版のエンゲルの法則に再考し当てはめてみます。

周りにいませんか?

口を開けば、「お金が無い無い!」と嘆いている人。

そんな人ほど、外食しかしない。

そこそこの収入はあるのに、外食ばっかでお金がどんどん出ていってしまうのです。

ですから、お金もたまらなければ、資産を築くこともできずに年齢だけ重ねていきます。

もっと如実に出るのが、これです。固定費です。

特に通信費。

ケータイ代やインターネットの費用です。

携帯に1万、光回線に8000円。お金が貯まらない典型例です。

「お金が無い。」と嘆いているやつほど、ケータイ代が高額です。

お金持ちほど、シビアに固定費は削っていますから、同じサービスを安くで受けられる場合は、絶対に安いものを選びます。

金持ちほど、無駄な支出は徹底的に削り、安く使う方法を知っていて、実行します。

現代版、エンゲルの法則には飲食費よりも通信費のほうが当てはまります。

統計で出ていまして、収入が低い人ほど携帯代が高いのです。

◯フトバンクや、◯コモ、◯DDIなどの店舗に行かないと、携帯は契約できないと本気で思っているのか、格安SIM(MVNO)など安くで使えることを知っているのに、実際に調べて行動できない人です。

通信費安くできないのか?と疑問に思い、調べて勉強したりできないひと、のろまで行動できない人は、徹底的に搾取されます。

女王の教室の先生も言ってましたね。

勉強しないで欲しい頭のいい人が、一見良いサービスっぽく見えて、搾取し続ける仕組みでより分かりにくくしてるわけです。

通信の契約なんてそれの最たるものです。

ちなみに、自分はLINEモバイルを使ってます。

というより、親戚一同から彼女含め彼女の家族までLINEモバイルに変更させました。

月額、3000円ぐらいです、もちろんiPhoneです。

私はSNSを見ることが多いため、SNS使い放題のLINEモバイルを使ってます。

5GBのプランでも余るぐらいです。

そして、自宅の光回線も3000円台、実家のひかり回線も4000円で、75000円のキャッシュバックを受け取りました。

激安で、さらにお金まで貰う方法があるわけです。

現代版エンゲルの法則の固定費を最小に抑えて、使うべきところに消費ではなく投資をして搾取から逃れましょう。

もし、固定費の削減の相談に乗って欲しい人が居たら、ご気軽に連絡くださいね。1万以上は削減できる自信あります。

ちなみに、彼女の携帯もなぜか私が払い、実家にも帰らないのに母の光回線の代金も私が払ってます。

どこの回線よりも高額な金額を払っている、私です。

一番、搾取されてます。

Forward


過去に書いた関連リンク

SNSを多用する人は1択でLINEモバイル

LINEモバイルはSOFTBANK回線にした方が良い

 

↓こちらから申し込むとお得なキャンペーンが適用されますので、

↓キャッシュバックが一番熱いのは、いまのところこちらかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA