突然、彼女が整形してきたときの心構え

どうもキヨシロー(@RevoKiyo)です。いきなりだが男性に質問をぶつけたい。彼女や嫁が、「美容整形をしたい」と伝えてきたらどのように返答するか。

おそらくは反対する人のほうが多いと思う。反対の理由はさまざまあると思う。

「お金が勿体無い」「現在の彼女の容姿を変えてほしくない」「美容整形自体に、嫌悪感を憶える」

などいろんな理由があると思います。

『美容整形をしたよ~!』と書く女性も少ないので、まだ美容整形は隠すものなのだろうと思う。

ただ私は『ブログに取り上げ、公表しても良いなら美容整形しても良いよ!』と答えてみた。

ただ了承してみるも、整形後の顔を見ると腫れなどがかなり、痛々しかった。

その整形後の腫れなどが治るまでを”ダウンタイム”と呼ぶらしい。

そのダウンタイムたるものが痛々しく、思ったより明るいネタに出来そうに無かった。

まあそういう経験をされる方もおられるかと思うので、世の男性陣に心構えとして共有しておく。

こういうものをエンタメ化すると、多少叩かれるが、私なりに考えがあっての事なので、ぜひ最後まで読んでほしい。

 

目次
・どこを美容整形したのか?


・改造費・総額〇〇万円


・ダウンタイムの経過報告


・まとめと感想


・さいごに

 

・どこを美容整形してきたのか?

①コンデンスリッチフェイス法

-自分の脂肪をおでこに注入し、ハリと丸みをゲット-

自分の太ももの内側から、脂肪を吸引し、おでこにブスブス針を刺し注入。これで、彼女は丸みのあるおでこを手に入れた。

ただ、しばらくおでこから脂が浮いてくるのか、数日テカテカになるのと、太ももから脂肪を吸引した跡が、しばらく青あざになり痛いらしい。

 

②プロテーゼ

-プロテーゼを入れ、憧れの高い鼻をゲット-

鼻の穴から切開し、鼻筋にプロテーゼを入れて高く鼻筋の通った綺麗な鼻を手に入れた。

デメリットは笑った時に、鼻筋がしわにならず、違和感が。いわゆる、整形によるロボット感はこういった部分で感じる。

 

③鼻尖部軟骨移植

-耳の軟骨を鼻の先端にいれ、綺麗な形の鼻をゲット-

自身の耳の軟骨を切除し、鼻先に入れ綺麗な形に整えます。

シャープな鼻先を手に入れました。おめでとう。

 

・改造費・総額〇〇万円

①コンデンスリッチフェイス法でおでこに丸みを出す手術

348,300円也

②プロテーゼで、鼻を高くする手術

98,000円也

③耳の軟骨を、鼻先に移植する手術

194,400円也

合計はなんと、、、

640,700円。。。

「高い!!」と言うも、「サウンドシステムなどのそれ以上高いスピーカーを買ってるやん」と言われてしまったので、ぐうの音も出なかった。

価値はそれぞれの感じ方なので、なにも言いません。

 

 

ダウンタイムの経過報告

顔を切開や注射で、異物を注入する訳なので、顔は腫れる。

その経過が、非常に痛々しく心構えが必要なので、皆さんに共有しておきたい。

ただ、正面から写メを撮って載せさせてはくれなかったったので、ぴったりな例えの画像と合わせて紹介する。

-1日目 –

車で術後迎えに行くと、少し麻酔が効いた状態でフラつきながら、とぼとぼ歩いてきたのは、、、

ア、アバター!?

この日はアバターと、ベットで就寝しました。

 

– 2日目 –

朝目覚め、隣に昨日のアバターは居ませんでした。

リビングまで階段を駆け下りると、ソファにたたずむのは・・・

あれ、伝説の最強の生物、天狗がソファでたたずんでいるではありませんか。

強そうという印象しか、2日目はありません。

天狗のまま、マスクをして飲食店へ仕事へ行きました。

 

– 3日目 –

彼女の職場へ車で迎えに行くと、そこには見覚えのある敵が、あのゾンビ映画の名作。

バイオハザードⅡ-アポカリプス-で、ネメシス計画で産まれたアリスの最強の敵。

ネメシス!!

ロケットランチャーが、車のトランクに積んで無いか、探しました。

目鼻が腫れ、脂肪が浮き出ているのか、テカっていました。

 

– 4〜5日後 –

キッチンで優しそうに、クリームシチューをかき混ぜるおばさん。

クレアおばさんでは、ありませんか。

この時点では、目元や鼻の腫れは引き、腫れているのはほっぺだけでした。

バイオハザードのネメシスも、最後は仲間になりましたが、彼女も人間の心を失っていなかった。

ネメシスから、急にクレアおばさんになるなんて、作る料理が全て美味しそうに見えました。

 

・まとめと感想

“ダウンタイム“が思ってるよりも、腫れていたりして痛々しく、写真をガンガン載せるつもりだったのだが、載せれなかった。

そして男目線で見ると、怒られるかもしれないが、あまり変わったことに言われないと気づかない。

自分の性格上の問題か、鼻毛が出ていても、無精髭が生えていても気にならないタイプなので、相手の変化にも無頓着で気づかないのです。

容姿の良い・悪いは理解できるが、それによって付き合うかどうかを判断基準にするということはこれっぽっちも無い。

今までお付き合いしてきた人の、容姿は本当にタイプもバラバラだが、同じような頭蓋骨に、筋肉と皮膚がついている程度にしか思っていません。

ただ、我々、男も自分にしか分からないこだわりというものがあると思う。

フィギュアなり、バイクのハンドルやマフラーなり、全く違うのに、興味の無い女性は変わったことにすら気づかない。

それと一緒だ。だから他人がとやかく言うことは無い。

他人とは、自分以外の全てで、親も子もパートナーも、強制する事は出来ないと考えています。

それは理解されないものでも、自分の感性の問題だから、自分で納得行くまでやれば良いと思ったから、是非したいならしたらどう?と答えたのだ。

是非、自分が批判的で、「やらなくて良いじゃん」と思っても、止めずにやらせてあげてみては?

顔なんかで、なんにも変わりませんから。

こちら(https://www.instagram.com/miiio1223/) がその当人のインスタのアカウントなので、是非フォローしてあげてください。

私もしたい整形手術がありまして、手の甲に電子マネーのチップを埋め込む整形?をしたくて、調べたのですが、日本の電子マネーにはまだ対応していないとのこと。

できるようになったら、すぐに入れるつもりです。

 


↑ 義足で走り幅跳びの選手、ドイツのマルクスレーム選手

・さいごに

今回は、美容整形の話だったが、手足の不自由な人が、手術をし機能を拡張するということが今後普通になると思う。

パラリンピックで片足義足の走り幅跳びの選手が、オリンピックの選手記録を上回りました。

ただ、記録を塗り替えたとたんに世間やオリンピックの委員会は義足が有利に働いているのではないか?と彼を叩きます。

ドイツの陸上大会では、健常者を抑え、優勝した一位のマルクスレーム選手では無く、二位の健常者の選手が、オリンピック代表に選出されました。

健常者と障碍者を分けるとすると、健常者の側が、障碍者にいろんな面で抜かれると、それは気に入らないのです。

「健気にがんばっているね~」というスタンスは、壊したくないわけです。

彼女はついこないだ、レーシック手術で視力0.05→1.5まで回復しました。目が見えないと言うことも、眼鏡やコンタクトレンズなどが、できるまでは障碍者と言えば、障碍者だったのかも知れない。

それが、レーシック手術をすれば、数時間で視力は回復しました。

今後、身体の一部が動かないであるとか、先天的、後天的に欠損してしまっても、人間の構造よりも、良いものを簡単に身につけることも可能になりますから、手首が不随になってしまった者は、わざわざ180度しか稼動域が無い手を付けなくても、360度ぐるぐる回る手を付けるかもしれません。

私はテクノロジーで身体拡張することに、肯定しています。ポケモンGOのようにスマホを通せば、町中にポケモンが見えて捕まえて遊べるようなものだと考えています。

こういった技術の発展により、”障碍”や”健常”という分け方すら、無くなれば良いなと願っています。

身内に、障碍者にカテゴリ分けされる者が二人居ますが、それはそれは個性的で、ある分野においては自分の感覚よりも優れてるのでは無いか?とドキっとさせられる場面が多々あります。

そういった人たちも、個性を伸ばし活躍できるいい世界が来るのが楽しみです。

Forward

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA